2013年3月 3日

徒然日記(江戸散歩)

今日はちょっと鬼平気分で江戸散歩です。

赤坂見附から外堀通りを南下、溜池を通って愛宕山へ。

東京23区内の自然の山では一番高い山で海抜26メートルだそうです。

今はオフィス街の真ん中にありますが、江戸時代には高い建物が無く

かなりの見晴らしだったと想像できます。

20130303-2.jpg

江戸時代、三代将軍家光の御前で四国丸亀藩の曲垣平九郎さんが

この階段を馬に乗って駆けあがって出世したとか。

20130303-1.jpg

奇しくも『桜田門外の変』で水戸と薩摩の浪士がこの愛宕山に早朝集結し

降りしきる雪の中を桜田門に向かったのが旧暦の3月3日でした。

結果が良かったのか悪かったのかはわかりませんが、

少なくとも強く正義を信じての行動だったはず、冥福を祈ります。

 

それから153年後、吾妻橋からの景色がこうなるとは

夢にも思わなかったと思います。

2013-03-03-2.jpg

 

春の足音が。

20130303-4.jpgのサムネイル画像